クラフトビールを飲む

クラフトビールの飲酒記録、参加したイベントの記録です。実はビールって、たくさん種類があって、奥深いお酒なんだと思ってもらえたら、とても嬉しいです。 ※ビールの感想はあくまでも個人的なものです。人によって味や香りの感じ方は違うと思いますし、ビールの状態によっても変わってくると思います。記事は、参考程度に眺めていただければ、ありがたいです。

トロピカルフルーツっぽい香りが感じられるIPA。
柑橘っぽい香りも感じられる。
苦味はしっかりめながら、やや軽めのボディで、飲みやすい。
オーソドックスな感じで、特にこれという特徴があるわけではないのだけど、何だかとても美味しい。
全体的なバランスが良いのかなぁ。
飲み飽きない感じで、イイと思う。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7.8%、IBU ?

IMG_20181216_012653_122

ニューイングランドIPA。
ホップはシトラを使用。
それから原料に乳糖を使っているみたい。
ビールの名前のとおり、柑橘っぽい香りが感じられ、トロピカルフルーツのような香りも。
乳糖を使っているせいか、甘めのつくり。
炭酸控え目で、口当たりは柔らかく、飲みやすい。
苦味はしっかりとしていると思うのだけど、甘味があるせいか、飲んでいてあまり気にならない。
個人的には、もう少しだけ甘さ控えめでもいいかなぁ。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 8.5%、IBU 42

IMG_20181215_031823_929

トロピカルフルーツや柑橘っぽい香りが感じられるIPA。
ホップは、シムコー、カスケードを使用。
それから、トウヒなるものを使っているそう。
「トウヒ」ってマツ科の植物らしい。
時々、ビールの原料として「トウヒ」の名前を聞くのだけど、イマイチ、ピンとこない。
トウヒを削った木のチップを使っているのか、それとも、トウヒの実のようなものを使っているのか。
さて、ビールを飲んでみると、ほんのり甘さを感じる。
木材っぽいというか、スパイシーな風味も。
苦味は、ほどよいのだけど、ちょっと渋いかな。
やや軽めの飲み口で、飲みやすいIPA。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 7.5%、IBU 57

IMG_20181214_031259_808

薄く濁ったつくりのIPA。
原料に小麦を使っているそう。
ホップは、ホライゾン、チヌック、クリスタル、カスケード、シムコー、センテニアルを使用。
柑橘やトロピカルフルーツを思わせる香りが感じられる。
少し甘い感じがあり、ボディは軽め。
苦味は控え目な印象で、口当たりが柔らかく、飲みやすい。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 6.2%、IBU 60

IMG_20181213_032141_082

【クール便限定】フェアステート IPA 473ml アメリカ ミネソタ州 クラフトビール 地ビール ラッキーシール付き おしゃれ缶 選んで飲み比べ【フェアステイト】
【クール便限定】フェアステート IPA 473ml アメリカ ミネソタ州 クラフトビール 地ビール ラッキーシール付き おしゃれ缶 選んで飲み比べ【フェアステイト】

久しぶりにお伺いしたTKBrewingさん。
前回お伺いしたのが7月だったから、5か月ぶりかな。
久しぶりにお伺いしたら、いろいろと変わってた。
まず、気づいたのがグラスの導入。
今まではプラカップで提供されていたので、なんとなく味気なかった。
やっぱりグラスはいいやね。
それから隣のお店が撤退してた・・・。
そのせいか、なんとなく寂しい感じに。
さて、今回飲んだビールは、シトラとモザイクを等量ずつ使用しているそう。
柑橘っぽい風味が感じられる。
苦味はしっかりめの作り。
ボディはやや軽めで、飲みやすいIPA。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 6%、IBU 49

IMG_20181212_025035_746

京都醸造さんと里武士さんのコラボビール。
スタイルは、ベルジャンバーレイワインとのこと。
バーレイワインと聞いて想像する味と大分違うと思う。
バーレイワインというよりは、トリペルのような感じ。
アルコール度数のわりに、軽めの飲み口。
少し甘い感じもあるけれど、思ったよりもドライな作り。
飲みやすいので、いつの間にやら、スルッと結構な量を飲んでいた。
このビール、しばらく寝かせたら、結構変わりそうな気がする。
機会があれば、熟成させたものも是非、飲んでみたい。
ちなみにビールの名前の「夜雀」って妖怪の名前なのね。
夜、山道を歩いていると、鳴き声をあげながら、人に付いてくるのだとか。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 9%、IBU 33

IMG_20181211_014853_723

あくらビールの21周年記念ビールとのこと。
名前のとおり、濁ったつくりのIPA。
柑橘っぽい香りが感じられ、やっぱり柚子とレモンのような風味が強い。
さっぱりとしていて、爽やかな飲み口のビール。
なんとなくだけど、飲んでいてレモンスカッシュみたい感じを受けた。
炭酸は抑えめで、口当たりが良い。
苦味はほどよく、ボディはやや軽めの印象。
これは美味しいな~。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 6.5%、IBU ?

IMG_20181210_031824_323

12月再飲
全体的な印象はそれほど変わらず。
再度、醸造したのか、それとも11月の時の樽をとっておいたのか分からないのだけど、全体的に丸くなった印象。
苦味がやや抑えめになった感じがする。
前回よりも今回の方が飲みやすく、好みだな〜。
とはいえ体調などの問題で、たまたまそう感じただけかもしれない。

11月初飲
リリース情報を聞いて、飲みたいなぁと思ってたビール。
行きつけのお店でも、ついに開栓。
ホップは、カスケード、シトラ、アマリロを使用しているそう。
その他にシトラ、モザイク、ローラルのクライオホップを使用とのこと。
香りは強く、柑橘っぽい香りが目立つかな。
トロピカルフルーツのような香りも少々。
香りに負けず、苦みも強め。
とても華やかなIPAといった印象。
すごく美味しいのだけど、苦味はもうすこし控えめの方が好みかな。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7.5%、IBU 80

IMG_20181118_033116_243

京都醸造さんのHPを見ると、スタイルはウィートエールになるみたい。
ホップは、カスケード、モトエイカーを使用とのこと。
柑橘のような香りが感じられ、少しスパイシーな感じも。
苦味はほど良く、軽い飲み口のビール。
いわゆるキレのあるビールで、とても飲みやすい。
IPAのような派手さないけれど、その分、飽きずに飲み続けられそうな感じ。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 5%、IBU 20

IMG_20181209_021005_427

ニューイングランドIPA。
トロピカルフルーツのような香りが感じられる。
マンゴーっぽい風味が目立つかな。
なんだか甘い感じのするビール。
飲みやすくて、美味しいけど、もうちょい甘さ控えめでもいいと思う。
甘いので、途中で飽きてしまうかも。
ちなみに、このビール、アンテナアメリカで飲んだのだけど、安めの値段設定だった。
安いのはありがたいけど、何か理由があるのかな?

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7.5%、IBU 40

IMG_20181208_031410_676

↑このページのトップヘ