クラフトビールを飲む

クラフトビールの飲酒記録、参加したイベントの記録です。実はビールって、たくさん種類があって、奥深いお酒なんだと思ってもらえたら、とても嬉しいです。 ※ビールの感想はあくまでも個人的なものです。人によって味や香りの感じ方は違うと思いますし、ビールの状態によっても変わってくると思います。記事は、参考程度に眺めていただければ、ありがたいです。

Captain Lawrence、Industrial Arts、YYGの3社コラボビール。
スタイルは、ニューイングランドIPA。
ただ、あんまり濁ってない。
お店の人に聞いてみたら、濁ったつくりにするつもりだったのだけど、結果的にあまり濁らなかったらしい。
飲み口は、ジューシー。
トロピカルフルーツのような甘い香りがあり、柚子が入っているせいか、柑橘の風味も少し。
ボディは、やや重めかなぁ。
アルコール感が、ちょっと目立つので、そのせいで重いと感じるのかも。
なんだかバーレワインっぽい感じもする。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 7.5%、IBU ?

IMG_20180818_112155_454

スタイルは、ニューイングランドIPA。
原料にグアバ、マンゴー、パッションフルーツ、パイナップルを使用しているそう。
飲んだ感じは、フルーツミックスジュースみたい。
ジューシーで、口当たりが良い。
甘みは控えめで、わりとドライな作り。
苦味は、適度な感じかなぁ。
ただ、少し渋みがあり、口に含むと、ピリピリする感じが気になる。
好みのビールなのだけど、ピリピリするのが無ければなぁ。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 5%、IBU 9.58

IMG_20180817_021106_460

スタイルは、ゴーゼ。
ゴーゼっていうと、酸っぱ塩っぱいビールというイメージ。
ドイツ由来のスタイルみたいなのだけど、やっぱり夏場の塩分補給のために作られたのだろうか?
さて、塩天下は、スダチと藻塩を原料に使っているそう。
藻塩ってよく知らなかったのだけど、海藻(ホンダワラ)と海水を使って作る塩のことらしい。
海藻の旨味成分が塩に含まれるので、まろやかな旨味を持つ塩に仕上がるのだとか。
さて、ビールを口に含むと、酸味はほど良く、塩気も少々。
サッパリスッキリといった感じで、思ったよりも飲みやすい。
酸っぱいビールがダメな人でも、これなら飲めるかも。
藻塩のせいなのか、飲んでいて、旨味というかコクを感じる気がする。
口がサッパリするので、他のビールとのつなぎとして飲んだり、最後の締めとして飲むのがいいかも。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 5.5%、IBU 5

IMG_20180816_144051_626

2018年8月再飲
スタイルはウィートIPA。
最初、ダブルIPAかと思ったのだけどウィートのWだった。
ホップは、モザイク、シトラ、ヴィックシークレットなどを使用とのこと。
前回と使っているホップは違うのかな。
飲み口は、ジューシー。
苦味は、ややしっかりめだけど、若干渋いかな。
柑橘っぽい風味が強めで、トロピカルフルーツのような感じも。
アルコール度数がやや高めだけど、わりとサッパリとした作りなので、飲みやすい。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 6.5%、IBU ?

IMG_20180816_143049_185

2018年4月初飲
ウィートIPAとのことで、濁った作りのビール。
ホップは、モザイク、シトラなどを使用しているそう。
綺麗な色をしていて、見るからに美味しそう。
香りは思ったほど強くなく、トロピカルフルーツや柑橘っぽい香りが感じられる。
飲み口はジューシーで、薄めのフルーツジュースを飲んでいるような感じ。
苦味は抑えてあって、サッパリとした作り。
少し物足りない感じもあるけれど、飲みやすくて、とても美味しい。
またどこかのお店で見かけたら、再度飲んでみたいなぁ。

評価4.0 ★★★★
スペック:アルコール度数 6.5%、IBU 40

IMG_20180406_043233_103


先日飲んだロコシェークのマンゴーバージョンらしい。
トロピカルフルーツや柑橘っぽい香りが感じられる。
原料にマンゴーを使ったそうで、マンゴーや桃っぽい香りも。
口当たりは良く、ジューシー。
ロコシェークより、ミルキーな感じは抑えめで飲みやすくなった感じ。
苦味はやや強めで、少しスパイシーな感じも。
全体的には、思ったよりもサッパリとした作り。
カルピスなどの乳酸菌飲料みたいな風味を、ほのかに感じるのだけど、その風味になんとなく不自然さを感じてしまい、ちょっと気になった。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 7%、IBU ?

IMG_20180815_121813_589

奈良醸造さんのビール第三弾はポーターだった。
しかし、奈良醸造さんはビールのリリースのペースが速いな~。
こないだ第一弾のIPAを飲んだと思ったら、もう三つ目。
次はキレッキレッのセッションIPAみたいなビールが飲みたいと思っているのだけど、何がでるのかなぁ。
さて、ビールは乳糖を使ったポーターで、ほのかな甘みが感じられる。
ロースト香はほどよく、なんとなくレーズンみたいな風味を感じるのは気のせいか。
やや軽い作りのポーターで、サッパリとした飲み口。
ポーターっていうとあんまり夏場に飲むイメージが無かったのだけど、これなら夏場でもいける。
ちなみに、こちらのお店では、Sweet Inspirationを窒素で提供。
大変美味しゅうございました。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 5%、IBU 15

IMG_20180814_014544_220

怪しげな白猫のイラストが特徴的で、売り場で目立つ。
白猫の理由を考えてみたのだけど、結局よく分からない。
誰か分かる人がいたら、是非教えて欲しい・・・。
さて、ビールのスタイルはIPA。
パイナップルの様な香りや、レモンのような風味が感じられる。
少し桃っぽい風味もあるかな。
軽めのボディで、サッパリとした作り。
苦味はやや控えめだけど、ちょっと渋い感じもする。
表現が難しいのだけど、口に含むと粉っぽい感じがして、ちょっと気になった。
美味しいのだけど、飲んでいて、少し物足りなさを感じるビールだった。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7%、IBU 30

IMG_20180813_015532_805

インパクトのある名前で、前から気になっていたビール。
たまたま寄ったお店で繋がっていて、ホントにラッキーだった。
ベースのビールはニューイングランドIPAで、そこにメロン果汁と乳糖を加えたそう。
メロン風味で、確かにメロンソーダみたいな味がする。
甘みが強いのかと勝手に思っていたのだけど、そんなことは無く、穏やかで爽やかな甘み。
甘いからといって、しつこい感じも無く、わりとスッキリとした作り。
飲んでいて、楽しいビールだった。
ビールが緑色だったら、もっと面白かったけど、流石にそれは無理か。
このビール、個人的には好きなんだけど、万人向けでは無いかな~。
人によって評価が分かれそうな気がする。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7%、IBU 25

IMG_20180812_212457_926

鬼伝説さんと伊勢角さんのコラボビール。
「賢島って何だろう?」って思って調べてみたら、2016年の伊勢志摩サミットの開催地だったのね。
賢島には、志摩マリンランドっていう水族館があって、ペンギンにお触りできるらしい。
他は、真珠が有名だったり、クルージングが出来たりするそうなので、いずれ遊びに行ってみたいな。
さて、ビールのスタイルはIPAでいいのかな。
柑橘やトロピカルフルーツのような香りが感じられ、香りはかなり強い。
苦味もしっかりとした感じ。
スッキリとした作りで、飲みやすい。
やっぱり香りが良いビールは、美味しい。
去年の賢島も美味しかったけど、今年の賢島2は更に美味しくなってる気がする。
是非、NEW賢島3も作って欲しいなぁ。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7%、IBU 35

IMG_20180812_131836_217

狙ってやっているのだろうけど、ヘタウマというか、味のあるユニコーンの絵柄が、なんだか気になってしまう。
ビールのスタイルはダブルIPA。
濁ったつくりのビール。
トロピカルフルーツのような香りがあり、パイナップルのような香りがやや目立つかな。
柑橘っぽい香りも少々。
炭酸は弱めで、口当たりは、驚くほど滑らか。
冷えているうちは苦味がやや強めな感じだったけど、温度が上がるにつれ、苦味は目立たなくなってくる。
若干、渋味があるかな。
美味しいのだけど、少し甘い感じがあるせいか、飲んでいてしつこさを感じる。
パイントだと後半飽きちゃうかも。
個人的には、ハーフサイズ位がちょうどいい感じ。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 8.5%、IBU 40

IMG_20180811_005853_749

↑このページのトップヘ