クラフトビールを飲む(煮干蕎麦も・・・)

クラフトビールの飲酒記録、参加したイベントの記録です。それから大好きな煮干蕎麦の情報も。実はビールって、たくさん種類があって、奥深いお酒なんだと思ってもらえたら、とても嬉しいです。※ビールなどの感想はあくまでも個人的なものです。人によって味や香りの感じ方は違うと思いますし、ビールの状態によっても変わってくると思います。記事は、参考程度に眺めていただければ、ありがたいです。

2018年07月

確か何年か前に、Y.MARKETさんと鬼伝説さんがコラボして作ったビールだったと思う。
当時、飲みたいな~と思っていたのだけど、機会に恵まれず、結局飲めなかったような記憶が。
こうやって再販してくれたおかげで、数年越しに飲むことができた。
ホントにありがたい。
さて、ビールのスタイルはペールエールとのこと。
香りは強く、トロピカルフルーツや柑橘っぽい香りが感じられる。
苦味はやや強めながら、ボディは軽めの印象。
スッキリとした飲み口で、とても飲みやすい。
ペールエールというよりは、ややIPA寄りな感じがするビール。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 5.86%、IBU 40

IMG_20180731_020456_776

2018年7月再飲
スタイルは、ベルジャンダブルIPAとのこと。
トロピカルフルーツや柑橘のような香り。
温度が上がってくると、パインみたいな香りが強くなる感じ。
草っぽさも少し感じるかな。
苦味はしっかりとしていて、少し重めの感じ。
飲みごたえもあって、美味しい。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7.5%、IBU 52

IMG_20180731_013620_647

2017年11月再飲。
前回の飲んだ時は、トロピカルフルーツの様な香りを感じたと思うのだけど、今回はそういう香りを感じなかった。
どちらかと言うと白ブドウみたいな香りだった。
ほのかに炊きたての米みたいな香りを感じたのは、気のせいかな。
前回同様、苦みはしっかりとしている。
やっぱりアルコール度数が高いわりに飲みやすい感じ。

2017年8月初飲。
スタイルは、ベルジャンダブルIPAとのこと。
ホップはチヌーク、コロンバス、シムコーを使用しているそう。
柑橘やトロピカルフルーツの香りが強く、苦みもしっかりしている。
ただ、ダブルIPAというわりには、なんだかとても飲みやすい。
アルコール度数も7.5%と少々高めなんだけど、度数の高さをあまり感じずに飲める。
美味しかったので、後日もう一度、飲んでみたい。

評価4★★★★☆
スペック:アルコール度数 7.5%、IBU 52

IMG_20170820_020528_382

今年6月から醸造を始めた、奈良醸造さんの最初のビール。
これを飲むのを楽しみに待っていた。
しかも、家から近い行きつけのお店で繋がるなんて嬉しい限り。
さて、ビールのスタイルはIPA。
ホップは、モザイク、ギャラクシーなどを使用とのこと。
トロピカルフルーツや柑橘っぽい香りが感じられ、とても香りが良い。
苦味はほど良く、ミディアムボディ。
少し草っぽい感じもあるかな。
わりとスッキリとした感じのIPAで、スルスル飲める。
とても美味しかったので、第2弾のビールも楽しみ。
ちなみに第2弾はどうやらセゾンらしい。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 6.2%、IBU 80


IMG_20180730_050310_750

宮崎県産の栗を使ったスタウト。
本来は、輸出専用のビールとのこと。
「宮崎って栗が採れるのだっけ?」と思って調べてみたら、全国8位の収穫量。
実は、宮崎ってそれなりに栗が採れるのね。
ちなみに、栗は茨城がダントツ1位で、全収穫量の約30%を占めている。
意外な県が1位でした。
さて、ビールからは栗っぽい甘い豊潤な香り、コーヒーやココアのような風味を感じる。
炭酸は弱く、口当たりは滑らか。
ほのかに甘味があり、酸味も少々。
深いコクがあって、飲んでいて満足感が得られる。
アルコール度数はかなり高いのだけど、そのわりに飲みやすく、いつの間にかボトルが空になってた。
1月22日製造なので、およそ半年位熟成したのだけど、もっと寝かせても良かったかも。
まだどこかで、売っていたら、もう一本買って更に熟成してみたい。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 9%、IBU ?

IMG_20180730_042310_912

宮崎ひでじビール 栗黒 Dark Chestnut Ale
宮崎ひでじビール 栗黒 Dark Chestnut Ale

黒米を使ったビール。
黒米を入れて、ご飯を炊くと紫色になるので、ビールも赤みを帯びた色になるのかと思っていたのだけど、わりと普通の色だった。
スタイルはセゾンになるのかな?
飲んでいて、フルーティーな日本酒のような風味を少し感じる。
スパイシーな感じもあるかな。
ジューシーなんだけど、少し酸味があるせいか、サッパリとした飲み口。
それにしても、夏のビーチマフィンはメチャメチャ混む。
ビーチマフィンののんびりとした雰囲気が好きなので、早く夏が終わって涼しい季節がこないかなぁ。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 5.5%、IBU ?

IMG_20180729_013139_652

というわけで本日、家飲み2杯目。
ニュージーランド産のWai-Itiというホップを使ったピルスナー。
Wai-Itiは、初めて名前を聞いたホップ。
調べてみたら、2011年にニュージーランドで開発されたそう。
ビールからは、柑橘っぽい香りが感じられ、オレンジやレモン、ライムを思わせる風味を感じる。
苦味は、ほど良いのだけど、ちょっと渋い感じがするかな。
ボディは軽く、香りも良いので飲みやすい。
ピルスナーなんだけど、香りが強いので、ピルスナーというよりは、セッションIPAを飲んでいるような感じ。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 5.5%、IBU 40

IMG_20180728_185207_412

台風接近中のため、今日は家飲み。
都内まで飲みに行くつもりだったけど、万が一、電車が止まって帰れなくなったら困るので、お出かけ中止。
そんなわけで、昨日アンテナアメリカさんで買ってきたビールを開けてみた。
ニュージーランド産のモトエイカーとオーストラリア産のギャラクシーを使ったIPA。
南半球産のホップを使っているので、パッケージをあえて上下逆さまに印刷しているのかな。
ビール自体は濁った作りで、ジューシー。
柑橘っぽい香りが強く、レモンみたいな風味を感じる。
トロピカルフルーツのような風味、スパイシーな風味も少々。
苦味は強めで、渋い感じが舌に残る。
飲み応えもあって、美味しいビールなんだけど、渋いのがちょっと気になる。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 6.7%、IBU 55

IMG_20180728_175708_188

「宇宙IPA」という、怪しい名前のビール。
ラベルには、「宇宙農民」、「五次元フルーツ」といった謎のキーワードが記載されている。
正直、買う時に、このビールは大丈夫なのかと心配になったのだけど、飲んでみると美味しいIPAだった。
香りは強く、柑橘っぽい香りが感じられ、苦味もしっかりとした作り。
シンプルなIPAといった印象だけど、最後まで美味しく飲めた。
ペールエールなども作っているみたいなので、どこかで見かけたら、また買ってみよう。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7%、IBU 70

IMG_20180728_035722_598

ダブルIPAというわりには、軽めの作り。
スペックだけみると、かなり重そうな感じがするのだけど、意外と飲みやすい。
苦味は強めだけど、IBU100という数字ほどではないかな。
柑橘っぽい香りが強く感じられるのだけど、単調な感じがして、少々物足りない感じ。
美味しいとは思うのだけど、 もう少し香りが良ければなぁ。

評価3.0 ico_grade6_3
スペック:アルコール度数 7.2%、IBU 100

IMG_20180727_030503_066

スタイルはダブルIPA。
草っぽい感じ。
柑橘っぽい香りが強く、トロピカルフルーツのような甘い香りも少々。
苦味もしっかりめ。
やや炭酸が弱めなせいか、口当たりが良い。
ビールのスペックを見て、ボディはかなり重いのかと思っていたのだけど、思ったよりも軽く、ダブルIPAとしては飲みやすい部類に入ると思う。
美味しいのだけど、香りが単調で少し物足りない感じがする。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 9%、IBU 95

IMG_20180726_012925_353

【アメリカビール】メルビンドラケン マスター  IIPA (缶) 355ml
【アメリカビール】メルビンドラケン マスター  IIPA (缶) 355ml

↑このページのトップヘ