クラフトビールを飲む(煮干蕎麦も・・・)

クラフトビールの飲酒記録、参加したイベントの記録です。それから大好きな煮干蕎麦の情報も。実はビールって、たくさん種類があって、奥深いお酒なんだと思ってもらえたら、とても嬉しいです。※ビールなどの感想はあくまでも個人的なものです。人によって味や香りの感じ方は違うと思いますし、ビールの状態によっても変わってくると思います。記事は、参考程度に眺めていただければ、ありがたいです。

2018年10月

スタイルは、トリプルIPA。
薄く濁ったつくりのビール
ホップは、シトラ、シムコー、アマリロ、モザイクを使用しているそう。
柑橘っぽい香りが強く、トロピカルフルーツのような甘い香りも感じられる。
草っぽい感じも。
苦味はしっかりしていて、やや重めのビール。
ただ、アルコール度数のわりには飲みやすい作りだと思う。
不味いわけではないのだけど、なんだかイマイチ飲み進まない。
飲んでいて、ピンとくるものがなくて、物足りない感じがしてしまう。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 10.5%、IBU 75

IMG_20181024_024657_315

ラム酒の樽で寝かせたビール。
ホップは、モザイクを使用とのこと。
確かにラムの香りがする。
また、トロピカルフルーツのような甘い香りも。
度数は高いし、樽熟成のビールだし、かなり重いのかと思ったら、意外と軽い飲み口。
尖った感じもあまりなく、思ったよりもだいぶ飲みやすい。
甘い香りが好みで、なかなか美味しいビールだった。
ただ、美味しいとは思うのだけど、なんだか物足りない感じもするのよね。
飲んでいて、深みが足りないというか。
しばらく寝かせたら、また印象が変わるのかな。
とても惜しい感じのするビールだった。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 11.1%、IBU 55

IMG_20181022_211027_403


【クール便限定】【アメリカビール】ファウンダーズ バレル ランナー 355ml
【クール便限定】【アメリカビール】ファウンダーズ バレル ランナー 355ml

ラズベリーを原料に使ったセッションIPA。
ホップはシトラ、アマリロを使用しているそう。
どうやらニューイングランドスタイルのビールらしい。
トロピカルフルーツのような甘い香りが心地よい。
口に含むと、ベリーの甘酸っぱい風味が感じられる。
苦味はほどよく、ボディはやや軽めの印象。
甘くてしつこいといった感じはなく、思ったよりもドライでサッパリしている。

それにしても、ビールの名前がイイよね。
元ネタは「北の国から 87 初恋」だと思うのだけど、若い人は分からないかもなぁ。
れいちゃん一家の夜逃げとか、泥が付いた1万円札とか、切ないシーンが多い名作。
懐かしい気分になりながら、ビールを楽しんだのでした。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 4.5%、IBU ?<

IMG_20181022_001318_147

2018年10月再飲。
シンプルな感じのセゾン。
トロピカルフルーツを思わせる甘酸っぱい香りが感じられ、フルーティな飲み口。
苦味は、ほとんど感じない。
やや軽めの飲み口で、サッパリとしていて飲みやすい。
何か特別な点があるわけではないのだけど、飲み飽きない感じで、美味しいのよね。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 5%、IBU ?

IMG_20181021_225324_971


2016年4月初飲
シンプルなセゾン。
アルコール度数が低めなので、飲みやすい。
少し酸味を感じるけど、その酸味がいいアクセントになっていると思う。
温度が上がってくるとだんだん甘みがでてくる。
温度が上がってから飲んだ方が美味しい。

OI000062


OI000063

「ヱビスマイスター ザ・ロイヤルリーフ」、去年飲んだビールの中で、一番印象に残っているもの。
Amazonのイベントで飲んだのだけど、これは美味しかった。
「また飲みたい!」と思ったものの、2000本限定醸造、基本非売品ということもあり、結局もう一度飲むことはできなかった。

あれから1年、なんとなくAmazonのページを見ていると・・・。
なんだか見覚えのあるボトルビールが販売されている。
化粧箱に入っていて、高級そう。
まさか、アレじゃないよなと思って、よく見てみると、やっぱり「ヱビスマイスター ザ・ロイヤルリーフ」だった!

迷わず、即購入。
発売日は2018年11月6日なので、予約注文。
今年のものが美味しいかどうかは分からないけど、とりあえず期待している。
早く届くんだ「ヱビスマイスター ザ・ロイヤルリーフ」!



あかつき、白鳳、まどか、川中島白桃、夢しずく、加納岩白桃、日川白鳳といった7種の桃を原料に使ったビール。
香りは、めちゃくちゃ桃。
口に含んでも、濃厚な桃感が全開かと思いきや、飲んでみると意外とあっさり。
今のままでも美味しいのだけど、もっと濃厚なネクター感のある飲み口でも良かったのになぁと思う。
濃厚な香りから想像すると味と、実際の味が違うので、飲んでて戸惑うのよね。
ところで、桃のビールと言えば、箕面ビールさんの「桃ヴァイツェン」。
サンクトガーレンさんには申し訳ないのだけど、このビールを飲んで、桃ヴァイツェンの美味しさに改めて気づいた。
ただ好みの問題なので、どっちが美味しいとか一概には言えないと思うのだけどね。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 5%、IBU 24

IMG_20181020_065110_116

門司港さんのビールは、初めてかも。
イベントとかでも見かけないし、現地に行かないと飲めないかなと思っていたら、横浜でビールが繋がった。
名前のとおり、アルコール度数高めのラガー。
九州のビールイベント用に毎年作っているビールらしい。
ホップは、シトラを使用しているそう。
柑橘っぽい風味が感じられ、苦味はしっかりとしている。
ラガーなので、重いビールではないのだけど、思ったよりも飲みごたえがある感じ。
門司港さんのビールは、他にもいろいろ飲んでみたいな。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 6.5%、IBU ?

IMG_20181019_064433_151

名前にはケルシュとついているけど、飲んでみると全くケルシュじゃない。
濁った作りで、飲んだ感じは、完全にニューイングランドIPA。
ホップはシトラ、ギャラクシーを使い、ケルシュの酵母を使っているそう。
柑橘の風味が強く、トロピカルフルーツっぽさも感じる。
苦味は控えめで、ジューシーな飲み口。
ドライでスッキリとした感じもあり、飲みやすい。
個人的にはもう少しだけ、甘い感じがあってもいいかなぁ。
更に言うと、もう少し炭酸控えめな方が美味しいかも。
ちょっと物足りない感じもあったけれど、美味しいビールだった。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 5.5%、IBU ?

IMG_20181018_033850_609

京都醸造さんとBe Easyさんのコラボビール。
レモングラス、ライムリーフを原料に使っているそう。
ほどよい酸味と柑橘のような風味が感じられるビール。
なんとなく塩気を感じるのは気のせい?
また、ハーブっぽい風味や、少しスパイシーな風味を感じる。
苦味は、ほとんど感じない。
爽やかなビールで、クセもなく、サッパリとしていて飲みやすい。

評価4.0ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 5%、IBU 5

IMG_20181018_024233_798

スタイルはペールエール。
かなり濁った作りのビール。
ホップはビックシークレット、エルドラドを使用しているそう。
柑橘っぽい香りが強く感じられ、温度が上がってくるにしたがって、なんとなく緑茶というか抹茶みたいな風味を感じるのは気のせいか。
炭酸が強く、苦味もしっかりしていて、ドライな作り。
少し渋い感じもするかな。
ボディはミディアムといった感じ。
美味しいビールなのだけど、なんだか飲んでてしっくりこない感じがするのよね。
香りが物足りないのかなぁ。
ちなみに写真では濃い色のビールに見えるけど、実際はもう少し薄く、きれいな色をしている。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 5.7%、IBU ?

IMG_20181017_025138_076

↑このページのトップヘ