2018年11月再飲。
およそ1年ぶりの「ヱビス マイスター ザ・ロイヤルリーフ」
前回飲んだ時は、とても美味しかったのだけど、今年はどうか・・・。
不安と期待を感じながら、グラスに注いで飲んでみた。
ビールからは、ハチミツを思わせる甘い香りが感じられる。
苦味、炭酸ともに控えめ。
少しトロっとした感じがあり、口当たりが良い。
コクというか旨味がしっかりと感じられる。
飲んだ感じだと、ケルシュのような印象。
美味しいビールなのだけど、前回飲んだときほど、美味しいとは思えなかった。
ちなみに冷えている状態でも美味しいのだけど、やや香りが単調な感じ。
温度が上がってきてからの方が、香りが華やかになり、断然美味しいと思う。
美味しいけど、値段が高いので、コスパが非常に悪いのがなぁ。
もう少しお値段控えめだったら、また買おうかなと思うけど、1本3000円はちょっとツライ。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数7%、IBU ?

IMG_20181110_025402_234





2017年10月初飲。
ロイヤルリーフホップを100%使用したという特別版のヱビス。
2000本のみ製造の限定品とのことで、どうやら貴重なビールらしい。
ボトルのデザインも凝っていて、高級感溢れる感じ。
ビールを飲んでみると、とても香りが良い。
穏やかな香りだけど、桃もしくはトロピカルフルーツを思わせる甘い香り。
炭酸、苦みは控えめで、口当たりが本当に滑らか。
抵抗なく、スッと口の中に入っていく感じ。
気のせいかもしれないけど、なんとなく紅茶のような風味も感じた。
スーパーなどで売っている普通のヱビスビールとは、全く違う味わい。
IPAなどは「マズイ」といって斬って捨てる我が妻も大絶賛。
お代わりしたかったけど、1人1杯までだったので、大人しく諦めました。
それにしてもこのビール、どうにかして、1本入手できないかな。
ちなみに、「ロイヤルリーフホップって何?」と思って調べてみたら、サッポロさんのホームページで説明文が掲載されていました。
要約すると、こんな感じ。
「収穫後、乾燥、粉砕し、真空保存したホップ。ペレット化しないので、新鮮な香りを与えることができる。」

評価5★★★★★
スペック:アルコール度数7%、IBU ?

IMG_20171024_034711_444


IMG_20171024_034745_468

会場が薄暗かったので、プラカップに移し明るい場所で撮り直してみた。
IMG_20171024_035050_315