弘明寺丿貫(昼)、ニボプレッソ。
ニボプレッソを食べるのは、何回目だろう。
ニボプレッソは、お気に入りのメニューの1つで、これは何回食べても食べ飽きない。
スープは、煮干しの風味全開で、苦味を感じる作り。
濃厚なスープなんだけど、サラッとした作りで飲みやすい。
ニボプレッソという名前は、このお蕎麦の特徴を上手く表現しているなぁとつくづく思う。
ちなみに具材の刻み玉ねぎが、箸休めみたいな役割を果たしていて、玉ねぎをかじると口の中がリセットされるような感じ。
それにしても、ニボプッレソには、黒酢の和え玉が合うのよね。
黒酢のおかげで、スープがサッパリして、また違った味わいになるのがとても楽しい。
食べ終わった後、口の中に半日は煮干しの余韻が残るのも、イイやね。

IMG_20190224_201459_126