横濱丿貫(昼) 秋香るパンプキン蕎麦 〜蒜山産 ハタケシメジ使用〜

IMG_20191026_034208

カボチャはアクセント程度かと思っていたのだけど、思ったよりもカボチャが前面に出ている感じ。
黄色く、トロっとしたポタージュの様なスープ。
そこに煮干の風味が加わる。
カボチャと煮干ってどうなんだろうと思っていたのだけど、食べてみると意外とマッチ。
悪くないというか、むしろ美味しい。
このスープに、別皿で出てきた肉味噌を加えていくと、味変してまた楽し。
肉味噌自体がほんのり辛いので、そのおかげなのか味が締まる感じ。

麺はいつもの硬めの麺とは、だいぶ違う。
正直、食べていて違和感を感じたけれど、このスープには、この麺が合っているように思う。

上にチーズがかかっていたり、洋食っぽい感じもあるので、食べているうちに、かつて弘明寺で提供されていた、「浅利カルボ」、「マッシュクラム」、「グラメン」などの洋食っぽいメニューを思い出した。
あれも美味しかったよなぁ。

それにしても、この日は女性のお客さんが多かったように思う。
「いもたこなんきん」という言葉は本当だったか。