West Coast Brewing The Arch-Nemesis

IMG_20200419_203414

インペリアルスタウト。
ワイルドターキーとヘブンヒルの樽で5ヵ月熟成させたそう。
原料に、コーヒー豆とカカオニブを使用。
飲んでみると、確かにコーヒーのような風味やビターなチョコレートのような風味が感じられる。
わずかに酸味があるのだけど、酸味はコーヒー豆由来かな。
温度が上がるにつれ、ほのかに甘くなってくる。
苦味は強め。
少しスパイシーな感じやバーボンのような風味も感じる。
熟成のおかげなのか、以前飲んだ「The Nemesis」よりも丸くなった感じがする。
より飲みやすく、深みが、増したような。
まぁ、私の気のせいかもしれないけれど。
アルコール度数が高く、流石に酔う。
(お店に迷惑がかかると、申し訳ないので、写真を加工しました。)

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 11%、IBU ?

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

West Coast Brewing
The Arch-Nemesis

Imperial stout.
Aged in the barrel of Wild Turkey and Heaven Hill for 5 months.
Coffee beans and cocoa nibs are used as raw materials.
When you drank it, you can certainly feel the flavor like coffee or the bitter chocolate.
There is a slight sourness, but the sourness is probably from coffee beans.
As the temperature rises, it becomes slightly sweet.
The bitterness is strong.
I feel a little spicy and bourbon-like flavor.
Perhaps because of aging, it feels more rounded than the "The Nemesis" I drank before.
It's easier to drink and the depth seems to increase.
Well, maybe it's my fault.
Alcohol is high and you get drunk.