Collective Arts Origin of Darkness - Siren

IMG_20201018_040336

ポーター。
原料としてレーズン、プルーンなど使用。
ラム酒の樽で熟成させたそう。
ボディは重め。
アルコール度数が高いので、もっとボディが重く、飲みにくいかと思ったのだけど、意外とスルッと飲めてしまう。
飲んでいて嫌な感じが無くて、サラッとした感じなのよね。
グラスに顔を近づけると、キャラメルの様な甘い香りが、感じられる。
口に含むと、ドライフルーツ、特にレーズンのような風味。
チョコのような風味も。
醤油っぽい風味も少し。
それから、なんとなくバーボンっぽい風味を感じる。
わずかに酸味があるかなぁ。
複雑な味わいで、感想を書くのが難しい。

ちなみにこのビールは、ラベルが気になって購入。
鯨のイラストが気になったのよね。

スペック:アルコール度数 9.6%、IBU ?
110_h_24

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Collective Arts
Origin of Darkness - Siren

Porter.
Raisins and prunes are used as ingredients.
Aged in rum barrels.
The body is heavy.
I thought the body would be more difficult to drink because of the high alcohol content, but it's surprisingly smooth to drink.
I didn't have a bad feeling when I drank it, and it felt smooth.
When you put your face close to the glass, you can smell the sweet aroma of caramel.
On the palate, it tastes like dried fruit, especially raisins.
A little bit of chocolate.
A little bit of soy sauce.
And then there's a vaguely bourbon flavor.
A little bit of acidity, I guess.
It's a complex flavor, and it's hard to write my impressions.

By the way, I bought this beer because I was curious about the label.
The illustration of a whale caught my attention.