苦丁茶というお茶を原料に使ったIPA。

ビールに苦みをつけるのに、ホップだけでなく、苦みが強いことで有名な苦丁茶というお茶を使用したそうです。

飲んでみると、確かにかなり苦い。

IPAなど苦みの強いビールを飲んでいるので、苦み耐性はあると思うのですが、それでも苦みがしばらくの間、口の中に残ります。

温度が上がってくると、苦みが更に増していく。

ここまで苦みの強いビールは、初体験。

苦みがかなり際立っていますが、酸味の効いたフルーティーさも感じます。

本当に面白いビールでした。  OI000054