クラフトビールを飲む(煮干蕎麦も・・・)

クラフトビールの飲酒記録、参加したイベントの記録です。それから大好きな煮干蕎麦の情報も。※ビールなどの感想はあくまでも個人的なものです。人によって味や香りの感じ方は違うと思いますし、ビールの状態によっても変わってくると思います。記事は、参考程度に眺めていただければ、ありがたいです。

カテゴリ:国産クラフトビール > のぼりべつ地ビール鬼伝説(北海道)

鬼伝説 麦の呼吸、参ノ型・白鬼霞

IMG_20201020_183324

ウィートIPA。
IBREW新橋店さんとのコラボビールで、新橋店の3周年記念ビール。
マンゴー、オレンジ、パイナップル、パッションフルーツのような風味。
ジューシーで、柔らかな口当たり。
苦味は控えめで、やや軽めのボディ。
とても飲みやすい。

ビールの名前は鬼滅の刃かな。
それにしてもIBREWさんの新橋店がオープンしてから、早くも3年も経ったのかぁ。
一時期IBREWさんには、よく行っていた。
クラフトビールが安くて、良いのよね。
横浜にもお店ができたらよいなと思っているのだけど、ムリかなぁ。

スペック:アルコール度数 7%、IBU ?
110_h_24

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Wheat IPA.
A collaboration beer with IBREW Shinbashi.
Flavors of mango, orange, pineapple and passion fruit.
Juicy and soft in the mouth.
The bitterness is moderate, and the body is a little light.
Very easy to drink.

鬼伝説 NEW来馬IPA

IMG_20201010_051214

Hazy IPA。
ホップは、アザッカ、サブロ、シトラ、モザイク、アマリロ、シムコーを使用しているそう。
ホップは全てクライオホップだとか。
口に含むと、柑橘っぽい風味。
オレンジやライムっぽい風味が感じられる。
飲み口はジューシーで、ほのかに甘い。
苦味は、ほどよく。
ボディはミディアムといったところかな。
後味がサッパリとしていて、飲みやすい。
ちなみに「来馬」は「らいば」と読むらしい。
登別の来馬岳、来馬川が名称の由来とのこと。

スペック:アルコール度数 7%、IBU 40
110_h_24

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Hazy IPA.
They use Azacca, Sabro, Citra, Mosaic, Amarillo and Simcoe hops.
All of the hops are said to be cryo hops.
On the palate, it has a citrusy flavor.
Orange and lime like flavors are present.
Juicy on the palate, with a hint of sweetness.
The bitterness is moderate.
The body of the wine is medium.
The aftertaste is crisp and easy to drink.

3TREE BREWERY×鬼伝説 BACK TO THE 鬼嫁

IMG_20201003_050121

ダブルドライホップド インペリアルセゾンとのこと。
基本、セゾンの風味が強いのだけど、ライム、グレープフルーツのような風味も感じられて、フルーティー。
苦味は、ほどよく。
アルコール度数高く、やや重めのボディ。
飲みごたえのあるセゾン。
でも、意外とスルスル飲めてしまったりする。

スペック:アルコール度数 9.5、IBU 55
110_h_24

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Double Dry Hopped Imperial Saison.
Basically, it has a strong saison flavor, but it's also fruity with lime and grapefruit flavors.
The bitterness is moderate.
High alcohol content and slightly heavy body.
The saison is very drinkable.
However, it is surprisingly smooth and easy to drink.

鬼伝説 NEW鬼花火IPA

IMG_20200904_105449

Hazy IPA。
ホップは、ストラータ、モザイク、シトラ、サブロ、アマリロ、シムコーを使用。
オレンジやマンゴーのような風味が感じられる。
飲み口は、ジューシー。
苦味はしっかりとした感じ。
美味しいのだけど、口の中がピリピリする感じがあって、喉が痛くなるのよね。
それさえ無ければなぁ。
ビールの名前の鬼花火は、登別で毎年夏場に開催される「地獄の谷の鬼花火」というイベントに由来しているそう。

スペック:アルコール度数 7%、IBU 40
110_h_24

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Hazy IPA.
Hops are Strata, Mosaic, Citra, Sabro, Amarillo and Simcoe.
Flavors of orange and mango are evident.
The mouthfeel is juicy.
The bitterness is firm.
It's good, but there's a tingling sensation in my mouth and it makes my throat hurt.
If only it wasn't for that.

鬼伝説 白鬼リゾート虎杖浜ビーチホテル

IMG_20200726_014115

新宿のウォータリングホールさんの8周年ビール。
ベースは、鬼伝説さんの白鬼ホワイトエールで、パッションフルーツ、コリアンダーを使っているそう。
当然ながら、パッションフルーツのような風味が感じられ、フルーティ。
柑橘っぽい風味も少し。
酸味は、ほどよく。
サッパリしていて、飲みやすい。
スイスイ飲めて、美味しいなぁ。

【雑感】
今年の新宿のウォータリングホールさんの周年、行かなかったなぁ。
なんだかんだで、毎年行っていたのだけど、今年はコロナの関係で行かなかったのよね。
そもそもここ数年、ウォータリングホールさんにあまり行けていないのだが・・・。
昔は、ちょこちょこお邪魔していたのだけど、引っ越して、新宿が遠くなってしまった。
コロナが落ち着いたら、久しぶりに行ってみよう。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 6%、IBU 12

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Watering Hall's 8th anniversary beer.
It uses passion fruit and coriander.
Naturally, you can feel the flavor of passion fruit. Fruity beer.
A little citrusy flavor.
The sourness is moderate.
It is refreshing and easy to drink.
It's delicious.

鬼伝説 NEW蘭法華IPA

IMG_20200704_225237

ヘイジーIPA。
蘭法華と書いて、「らんぼっけ」と読むそう。
ホップは、エクアノット、サブロ、シトラ、シムコー、アマリロを使用。
口当たり良く、めちゃめちゃジューシー。
柑橘、特にオレンジの風味が強く、グレープフルーツっぽい風味も少々。
ほのかに甘い感じはあるものの、苦味はしっかり。
とても美味しいのだけど、少し口の中がピリピリする感じがあるのが、惜しいなぁ。
洗練されているというよりは、いい意味で荒々しい印象のビール。

【雑感】
蘭法華は、登別の蘭法華岬という岬の名前から取っているそう。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7.5%、IBU 45

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Hazy IPA.
The hops are Equanot, Saburo, Citra, Simcoe and Amarillo.
Tasteful and very juicy.
It has a strong citrus, especially orange flavor, and a little grapefruit-like flavor.
It has a slight sweetness, but a firm bitterness.
It's very delicious, but it's a pity that I feel a little tingling in my mouth.
Rather than being refined, it is a beer that has a rough and good impression.

鬼伝説 鬼の吐息~桃のセゾン~

IMG_20200609_225239

セゾン。
桃果汁を使っているそう。
フワッと香る桃の風味。
桃の風味は強すぎず、丁度よい感じ。
酸味もほどよく、フルーティ。
やや軽めのボディで、スッキリとしていて、美味しい。
それにしても。鬼の吐息っていうビールの名前がいいなぁ。
吐息っていう言葉が、ビールの雰囲気によく合っていると思う。

評価3.75 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 6%、IBU 8

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Saison.
Uses peach juice.
Moderate peach flavor.
The sourness is moderate and fruity.
It has a slightly light body and is refreshing and delicious.

鬼伝説 金鬼SSSSペールエール シトラVer.

IMG_20200326_034436

SMaSHセッションペールエールとのこと。
4つのSは、シングルモルト・シングルホップ・セッション・スペシャルのことらしい。
ホップは、シトラを使用。
柑橘っぽい風味が、ふんわりと感じられる。
麦の風味もほのかに。
少しジューシーな感じも。
飲み口は軽く、ドライでスッキリ。
柑橘の風味が心地よく、とても爽やかな印象。
少し暖かくなってきた今の時期には、ちょうどいい感じ。
出来ることなら、桜を見ながら、このビールを楽しみたいなぁ。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 5%、IBU 45

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。


SMaSH session pale ale.
The four S's are single malt, single hop, session and special.
Use citrus.
The citrus flavor is soft.
The flavor of wheat is faint.
A little juicy feeling.
Dry and refreshing.
The citrus flavor is pleasant and very refreshing.
It's just right now when it's getting a little warmer.
If possible, I want to enjoy this beer while watching the cherry blossoms.

鬼伝説 NEW富浦iPA

IMG_20200302_001003

ヘイジーIPA。
ホップは、シトラ、シムコー、ギャラクシー、モザイク、アマリロを使用。
柑橘っぽい風味が、感じられる。 
ジューシーな飲み口。
ほどよい苦み。
ほのかに甘い感じがあるものの、後味はドライでサッパリとしている。
思ったよりもアッサリしていて、飲みやすい。

【雑感】
冨浦は、パーキングエリアの名前らしい。
登別東インター近くのパーキングエリアで、そこにかかる霧をイメージして作ったビールだとか。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7%、IBU 35

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Hazy IPA.
Uses Citra, Simcoe, Galaxy, Mosaic and Amarillo.
A citrus-like flavor is felt.
Juicy.
Moderate bitterness.
The finish is dry and refreshing, though it has a subtle sweetness.
It is lighter than expected and easy to drink.

鬼伝説  ヌプル・ぺッ・ペールエール

IMG_20200206_050210

ペールエール。
ホップはカスケード使用。
登別産のカスケードを一部使用しているのだとか。
トロピカルフルーツや柑橘の風味、それから洋梨っぽい風味も少し。
ほのかに甘い感じや、少しジューシーな感じも。
ボディはミディアム。
苦味も控え目で、飲みやすい。
飲み飽きない感じで、とてもイイ。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 6%、IBU 35

【雑感】
ビールの名前の「ヌプルぺッ」は、アイヌ語で登別のことらしい。
「色の濃い川」を意味する言葉だとか。

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Pale ale.
Use cascade.
They use a part of Noboribetsu cascade.
Tropical fruit and citrus flavors, and a little pear-like flavor.
Somewhat sweet and slightly juicy.
The body is medium.
The bitterness is modest and easy to drink.
It feels good to drink and is very good.

↑このページのトップヘ