クラフトビールを飲む(煮干蕎麦も・・・)

クラフトビールの飲酒記録、参加したイベントの記録です。それから大好きな煮干蕎麦の情報も。※ビールなどの感想はあくまでも個人的なものです。人によって味や香りの感じ方は違うと思いますし、ビールの状態によっても変わってくると思います。記事は、参考程度に眺めていただければ、ありがたいです。

カテゴリ:国産クラフトビール > ロコビア(千葉)

先日飲んだロコシェークのマンゴーバージョンらしい。
トロピカルフルーツや柑橘っぽい香りが感じられる。
原料にマンゴーを使ったそうで、マンゴーや桃っぽい香りも。
口当たりは良く、ジューシー。
ロコシェークより、ミルキーな感じは抑えめで飲みやすくなった感じ。
苦味はやや強めで、少しスパイシーな感じも。
全体的には、思ったよりもサッパリとした作り。
カルピスなどの乳酸菌飲料みたいな風味を、ほのかに感じるのだけど、その風味になんとなく不自然さを感じてしまい、ちょっと気になった。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 7%、IBU ?

IMG_20180815_121813_589

ロコビアさんのビールは久しぶり。
飲みたいとは思っているのだけど、行きつけのお店ではあまり繋がらないのよね。
さて、ビールのスタイルは、インペリアルスタウト。
ジムビームの樽で寝かせたそう。
バレルエイジドということなので、かなり重いのかと思ったら、意外と軽い飲み口。
苦味もそれほど強くない。
思ったよりも飲みやすいので、いつの間にやらスルッと飲み干してた。
香りは強く、当然ながらバーボンの香りが感じられる。
ところで、BBAは何の略だろう?
Burbon Barrel Agedの略ってことで良いのかしら。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 9%、IBU 61

IMG_20181114_015104_805

スタイルはシェイクIPAでいいのかな?
あんまり詳しくは知らないのだけど、乳糖を使ったIPAらしい。
トロピカルフルーツや柑橘のような香りが感じられ、ジューシー。
苦味はしっかりめ。
特徴的なのは、口当たり。
とても柔らかで、シルキーとでも表現すればいいのかな。
口に含むと甘い感じがあって、ミルキーというか、今まであまり感じたことのない不思議な飲み口。
ただ甘いせいか、少ししつこい感じもする。
美味しいとは思うのだけど、個性的な味なのでダメな人もいそう。

評価3.5 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 6.5%、IBU ?


IMG_20180723_024241_935

ニューイングランドIPAとのことなのだけど、サッパリとした作り。
ニュージーランド産のラカウなるホップを使用しているそう。
柑橘っぽい香りが強く、トロピカルフルーツのような甘い香りも少々感じられる。
苦味は思ったより控えめな感じ。
飲みやすくていいな~。

評価4★★★★☆
スペック:アルコール度数5.5%、IBU 75

IMG_20180113_031840_441

ロコビアと都内のビアバーがコラボして作ったビール。
爽やかな柑橘の香りがとても良い!
香りの強さに比べると、苦味はやや抑えめかな。
アメリカンIPA的な感じで、とても美味しい。
これは、また飲みたいな。

評価4★★★★☆

IMG_20170223_153727


名前のとおり、センテニアルを使ったIPA。

独特の草のような香り。

あんまり派手さはないけど、なかなか美味しい。

草っぽいIPAが好きな人には、たまらんだろうな。

1477811325490

ピーテッドモルトを使ったスモーキーなポーター。

ピートが効いているけど、温度が上がってくると少し甘みが出てくる。

ピートと甘みのバランスが、とても良くてとても美味しい。

1475918353782

ベルリナーヴァイスというジャンルらしい。

酸味がかなり強い。

スッキリしてて美味しいけど、酸っぱいの駄目な人は厳しいだろうなぁ。

アルコールは、3%と抑えめなので、サッと飲める。

酸っぱいビール好きには、オススメします。

P8141648

ゴーゼっていうと、酸味が強くて、塩気のあるビールというイメージだったのだけど、これはかなり酸味は抑えめ。

ついでに塩気も抑えめ。

そのおかげで、良くも悪くもクセが無くなり、とても飲みやすく仕上がってます。

サッパリとした飲み口なので、どんな料理にも合いそうな感じ。

P5021263





 

飲んだ感想としては、なんかイマイチな感じ。

不味い訳ではなく、わりとオーソドックスな感じのセゾンなんだけど、何か物足りない感じがする。

何が悪いのか、ハッキリ分からないのは、自分の能力不足。

P5211347


 

↑このページのトップヘ