クラフトビールを飲む(煮干蕎麦も・・・)

クラフトビールの飲酒記録、参加したイベントの記録です。それから大好きな煮干蕎麦の情報も。実はビールって、たくさん種類があって、奥深いお酒なんだと思ってもらえたら、とても嬉しいです。※ビールなどの感想はあくまでも個人的なものです。人によって味や香りの感じ方は違うと思いますし、ビールの状態によっても変わってくると思います。記事は、参考程度に眺めていただければ、ありがたいです。

カテゴリ:国産クラフトビール > 京都醸造(京都)

京都醸造 誘惑の果実

IMG_20200403_051754

フルーツサワーとのこと。
赤いというよりは、深い茶色のビール。
原料にアプリコットとチェリーのピューレを使用しているそう。
飲んでみると、フルーティーで、チェリー、ブドウの風味。
それから、麦のような風味も感じる。
ほのかに甘く、ほどよい酸味。
赤ワインのような渋味も少々。
軽めで、飲みやすくてイイ!

評価3.75 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 6%、IBU 11

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Fruit sour.
A deep brown beer rather than red.
Use apricot and cherry puree.
When drinking, it is fruity, cherry and grape flavor.
And it also has a wheat-like flavor.
Faintly sweet, moderately acidic.
Some astringency like red wine.
Light, easy to drink and good.

京都醸造 熾火(おきび)

IMG_20200319_015015

アメリカンストロングエール。
ホップは、センテニアル、コロンバス、アイダホ7を使用。
麦の風味が、しっかりと感じられる。
ほどよい焙煎香。
レーズンなどのドライフルーツのような風味を感じる。
少し草っぽい感じも。
松のようなスパイシーな風味も少々。
かすかに甘い。
派手さはないけど、とても美味しい。
今の春先の時期よりは、秋頃にゆっくりと楽しみたい感じ。

【雑感】
熾火は、全く読めなかった。
調べてみると、熾火とは、赤く燃える炭火のことを指すらしい。
雰囲気のある名前でとてもいい。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7%、IBU 62

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Kyoto Brewing
Okibi

American Strong Ale.
Use Centennial, Columbus, Idaho 7.
The wheat flavor is firmly felt.
Moderate roasting aroma.
Feel the flavor of dried fruits such as raisins.
A little grassy feeling.
A little spicy flavor like pine.
Faintly sweet.
It's not flashy, but it's very delicious.
I want to enjoy it slowly in autumn rather than in early spring.

京都醸造 毬太郎

IMG_20200120_002451

ベルジャン・トリペルIPA。
京都醸造さんのHPによると、トリプルIPAにトリペルを掛け合わせたとのこと
ホップは、サーズ、サファイアなど使用。
ジューシーで、マンゴーの様な風味が感じられる。
それから、スパイシーな風味や、ハープっぽい感じも少々。
ボディはしっかり、やや重めの印象。
口当たりが良く、少し甘い感じがあるせいか、アルコール度数のわりに飲みやすい。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 10%、IBU 54

【雑感】
毬太郎と書いて、「きゅうたろう」と読むとは思わなかった。
てっきり、「まりたろう」かと。

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Kyoto Brewing
Kyutaro

Belgian Tripel IPA.
According to HP, Triple IPA was multiplied by Tripel.
Use for Saaz and Sapphire.
It has a juicy, mango-like flavor.
And a little spicy and herbal-like.
The body has a slightly heavy impression.
It is easy to drink for alcoholic content, probably because it has a good taste and a little sweet feeling.

京都醸造×箕面ビール 黒猿王子

IMG_20191031_021634

インペリアルスタウト。
ホップはメルクールを使用。
原料に乳糖も使っているそう。
ロースト香が感じられ、ハーブのような香りも感じられる。
口に含むと少し甘く、チョコの風味。
京都醸造さんのHPには、デザートビールと書いてあったので、甘味が強いのかと思ったら、そんなことは無く。
ほど良い甘みで、しつこさを感じさせない。
また、口当たりが良く、トロッとした感じもあり、滑らかに口の中に入っていく。
ビール自体はインペリアルスタウトなので、濃いは、濃い。
ただ、甘味や口当たりの良さのおかげなのか、意外と飲みやすくスルッと飲めてしまう。
甘いものと合わせても、楽しめそう。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 10.5%、IBU 35

以下、なんちゃって英訳。
間違っているところや変なところもあるとは思うけれど、今は、これが精一杯。

Kyoto Brewing
Monkey Prince

The style is Imperial Stout.
Use Merkur.
Use lactose.
Roast incense is felt.
A scent like herbs is also felt.
It is a little sweet when put in the mouth and has a chocolate flavor.
Kyoto Brewing's website says that it is dessert beer, so if you think it's sweet, there's no such thing.
It is moderately sweet and does not feel persistent.
It feels good and feels stuffy and goes smoothly into the mouth.
Because it is an imperial stout, the taste is strong.
However, it's surprisingly easy to drink because of the sweetness and taste, and you can drink it quickly.
You can enjoy it with sweets.

箕面ビール×京都醸造 桃姫

IMG_20191024_033415

スタイルは、サワーエールでいいのかな?
箕面ビールさんと京都醸造さんのコラボビール。
原料に桃を使っているそう。
それにしても「桃姫」っていうネーミングは可愛らしくて、イイ感じ。
飲んでみると、トロピカルフルーツや桃の風味。
優しい酸味があり、フルーティ。
サッパリした感じで、軽く飲みやすい。

さて、箕面さんと京都さんのコラボビールは、もう一つあって「黒猿王子」というビールらしい。
こちらは、京都醸造さんの設備で仕込んだそうで、インペリアルスタウトだとか。
こちらも飲んでみたいけど、横浜のお店で繋がるかなぁ。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 6.5%、IBU 10

京都醸造 送り犬

IMG_20191020_031324

ベルジャンバーレーワインとのこと。
ビール名前の「送り犬」は妖怪の名前だとか。
夜の峠道を歩いていると後ろをついてきて、転んだ瞬間に人に襲いかかるそう。
ホップはメルクール、アラミスを使用。
トロピカルフルーツの様な風味があり、フルーティ。
モルティな感じも。
柔らかな口当たりで、少し甘い作り。
少し甘いせいなのか、バーレーワインのわりに飲みやすい。
スルッと飲めてしまうので、危ない感じ。

来年はこれのウイスキー樽熟成バージョンがでるらしい。
そちらも楽しみ。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 9%、IBU 37

伊勢角屋麦酒×京都醸造 千客万来

IMG_20191006_232827

伊勢角さんと京都醸造さんのコラボビール。
スタイルは、ニューイングランドIPA。
京都醸造さんのハウスイーストを使って、醸造したとのこと。
ホップは、ファルコナーズフライト、モザイク、サブロ、シトラなどを使っているみたい。
飲んでみると、柑橘っぽい風味がやや強く、トロピカルフルーツの様な風味も感じられる。
スパイシーな感じも。
ジューシーで、柔らかな口当たり。
甘い感じはあまりなく、ドライ。
ちょっと渋い感じがするかな。
秋の「けやき」でも同じビールを飲んだのだけど、その時よりも美味しかったように思う。

評価4.00 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 7%、IBU 35

IMG_20191008_005119

京都醸造 うりふたつ

IMG_20190801_004824

京都醸造さんとCulminationさんのコラボビール。
スタイルは、ゴーゼ。
ホップは使わず、原料として、海塩、キュウリ、スイカジュースを使用しているそう。
飲んでみると、確かに、きゅうり、スイカ風味。
「きゅうり」がやや強く、後味にほんのり「スイカ」。
塩気、酸味共にほど良い。
塩気と酸味のせいなのか、なんとなく「きゅうり」の浅漬けを食べているみたいな感じ。
万人受けはしないかもしれないけど、これは、これで美味しいと思う。
サッパリしていて、暑い日に飲むのに、ちょうど良い感じ。

評価3.75 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 4.5%、IBU 0

京都醸造 果物生活(Fruity Life)

IMG_20190710_233016

スタイルは、フルーツサワーとのこと。
ホップはアマリロを使用。
原料にピンクグァバ、マンゴー、パッションフルーツを使っているそう。
キレイな色をしていて、見るからに美味しそう。
パッションフルーツのような風味が感じられ、ジューシー。
柑橘っぽい感じも少々。
甘い感じはあまり無く、サッパリとした後味。
酸味もほど良く、飲みやすい。
これは美味しかったなぁ。

評価4.0 ico_grade6_4
スペック:アルコール度数 6%、IBU 15

京都醸造 後ろめたい秘密

IMG_20190701_000708


スタイルはクリームエールとのこと。
ホップはネルソンソーヴィン、シトラ、モザイクを使用とのこと。
また、原料にはライスフレークを使っているそう。
柑橘っぽい風味があり、なんとなくレモンのよう。
軽めで飲みやすく、後味スッキリ。
暑い時期に飲むには、ちょうど良さそう。

評価3.75 ico_grade6_3h
スペック:アルコール度数 5.5%、IBU 10

↑このページのトップヘ