クラフトビールを飲む(煮干蕎麦も・・・)

クラフトビールの飲酒記録、参加したイベントの記録です。それから大好きな煮干蕎麦の情報も。実はビールって、たくさん種類があって、奥深いお酒なんだと思ってもらえたら、とても嬉しいです。※ビールなどの感想はあくまでも個人的なものです。人によって味や香りの感じ方は違うと思いますし、ビールの状態によっても変わってくると思います。記事は、参考程度に眺めていただければ、ありがたいです。

カテゴリ:アメリカのクラフトビール > Culmination(米 オレゴン州)

2018年3月再飲。
柑橘やトロピカルフルーツのような香りが感じられる。
温度が上がってくると、イチゴっぽい甘い香りも感じられるように。
少しトロっとした感じがあり、滑らかな口当たり。
口に含むと甘みを感じる。
ただ、甘味がやや強いので、気になる人もいるかも。
飲みやすい作りなのだけど、アルコール度数が高いので、飲み終わる頃には意外と酔ってた。
(カメラの性能がイマイチなせいか、ビールの色が濃くなってしまった。実際はもっと黄色がかった綺麗な色をしている。)

評価5★★★★★
スペック:アルコール度数 8.4%、IBU 26

CIMG0271


2017年5月初飲。
ニューイングランドスタイルのIPA。
とてもジューシー。
香りは、トロピカルフルーツ系。
温度が上がったほうが、断然美味しい。
温度が上がると、ジューシーさがどんどん増す感じ。
苦味は控えめで飲みやすいけど、アルコール度数8.5%と飲みごたえも十分。
ホントに美味しいけど、アルコール度数が高いせいか、飲んでいて重さを感じる。
個人的にはもう少しアルコール低めでもいいのかなぁと思う。

評価5★★★★★

P5230504

スタイルは、ニューイングランドIPAでいいのかな?
店主の話によると、このビール、今回日本には3樽しか入ってこなかったそう。
貴重なビールが都内に行かずとも、横浜で飲めるのは本当にありがたい。
さて、ビールはとてもジューシーで、口当たりも柔らかい感じ。
オレンジやグレープフルーツのような風味が強く、トロピカルフルーツの様な香りも少々。
苦味はほとんど感じず、スルスル飲める。
ちなみに、とても美味しかったので2日続けて飲んでみた。
開栓初日と2日目で大きな差異はなかったと思うけど、初日に比べトロッとした感じが弱くなった気がする。

評価5★★★★★
スペック:アルコール度数7.1%、IBU 50

IMG_20170910_013617_680


クライオホップなるものを使ったIPA。
クライオホップって新種のホップの名前かと思っていたのだけど、どうやら違うらしい。
詳しいことはよく分からないけれど、超低温で加工したホップのことを指すみたい。
ビールの世界も、いろいろな新技術が生まれてるんですね。
そんなわけで、ビールの感想は以下の通り。
甘いトロピカルフルーツのような香りが、心地よい。
飲み口は、ジューシーで、苦味は控えめ。
まさにニューイングランドスタイルっぽい感じの作り。
ただ、思っていたよりもサッパリした作りのビールだったので、なんとなく物足りなさを感じてしまった。

評価4★★★★☆

IMG_20170728_173413



↑このページのトップヘ